年金なんでも解決塾

難しそうな年金を、分かりやすく解説します

任意加入して、過去の保険料を払えるか?

原則として、国民年金の保険料を納めなければならないのは、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の人となっています。

 

例えば、海外に居住する日本人は国民年金の強制加入者ではありませんが、老後に備えて任意で保険料を納めることができます。

 

これを「任意加入」といいます。

 

本人の申し出により任意に年金制度に加入することができるのは、任意加入の申出をして受理をされた日からとなります。

 

したがって、任意加入をして保険料を納めることができるのは、任意加入をした日以降の分からとなります。

 

つまり、過去にさかのぼって任意加入することはできず、過去の数か月分や数年分の保険料をまとめて納めることはできません。