年金なんでも解決塾

難しそうな年金を、分かりやすく解説します

なぜ昭和41年4月2日以降生まれの人は、振替加算をもらえないのか?

いわゆる専業主婦の人たちは、かつては国民年金は任意加入とされていましたが、昭和614月から強制加入となりました。

 

国民年金に強制加入するようになると、65歳から妻自身が老齢基礎年金を受け取ることができるようになります。

 

妻自身が65歳から老齢基礎年金を受け取ることができるようになるのを受けて、年金の家族手当ともいわれている夫の「配偶者加給年金」は65歳で終了しようということになりました。

 

ただし、強制加入になったのは昭和614月からですので、昭和614月時点において30歳や40歳、50歳の人は、これから国民年金の保険料を納めても、満額の老齢基礎年金を受け取るための、40年の保険料納付を満たすことができません。

 

そこで、夫が受け取っていた配偶者加給年金の一部を、65歳から妻に支給することにしました。

 

これを、「振替加算」といいます。

 

国民年金が強制加入になったのは昭和614月からであり、昭和4142日以降に生まれた人は、20歳になったときから保険料を納めることができるので、65歳から満額の老齢基礎年金を受け取ることが可能です。

 

したがって、昭和4142日以降に生まれた人には振替加算は支給されないことになります。