年金なんでも解決塾

難しそうな年金を、分かりやすく解説します

「特別支給の老齢厚生年金」の受け取り忘れに注意

厚生年金の加入期間が1年以上ある人は、性別や生年月日に応じて、60歳から64歳までのいずれかの年齢から、「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。

 

この「特別支給の老齢厚生年金」は、65歳から受け取ることのできる「老齢厚生年金」とは別の年金になりますので、注意が必要です。

 

年金の受け取りは、5年を経過すると時効で消滅します。

 

例えば、63歳から「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができる場合、69歳で請求をすると、5年より前の期間は時効で消滅してしまうため、1年分の年金を受け取り損ねてしまいます。

 

また、「特別支給の老齢厚生年金」は65歳までの有期年金であり、いわゆる「繰下げ」の制度はありません。

 

「老齢厚生年金」を繰下げようと思っている場合でも、「特別支給の老齢厚生年金」は繰下げの対象とはなりませんので、時効で消滅する前に請求をしなければなりません。

 

また、在職中のため、「働いているので年金は受け取れない」と思っている方もいるようですが、給与の額によっては年金が一部支給されることもありますので、最寄りの年金事務所で確認してもらうようにしてください。

 

 

免除の申請をしたのに、納付書が届いたとき

国民年金の免除の申請をしたけど、国民年金の納付書が届いた。これは、免除の申請が通らなかったので、保険料を納めなければならないってこと?」というご質問をいただくことがあります。

 

結論としては、「免除の申請の結果が来るまでもう少し時間がかかるので、保険料は納めずに、納付書はそのままにしておいてください」となります。

 

これは、免除の申請をして結果が来るまで23か月かかるのですが、その間に納付書だけが先に届いてしまう事務処理の流れとなってしまっているためです。

 

納付書に同封されている書類にも、

現在、免除等を申請中の方にもこの納付書をお送りしていますので、ご了承ください。」

申請の結果は後日通知しますが、結果通知が届くまでの間は、納付書を大切に保管してください。」

と記載されています。

 

免除が承認されると、申請から23か月後に、見開きハガキの「国民年金保険料免除・納付猶予申請承認通知書」が届くことになります。

 

この通知書が届いて、免除が承認されたことの確認ができたら、届いていた納付書は破棄してしまって構いません。

 

 

年金記録が見つかったのに、減額になる場合

ねんきん定期便」や「ねんきんネット」を確認していると、過去に働いていた会社の記録が抜け落ちていることがあります。

 

本人の記録として紐付けされていない理由としては、氏名や生年月日が誤って登録されていたことなどがありますが、年金事務所に申出をして確認が取れれば、本人の記録として紐付けてもらうことができます。

 

過去の記録が見つかれば、その分だけ受け取ることのできる年金額が増えるのが一般的ですが、例外的に、記録が見つかったことにより年金額が下がってしまう場合もあります。

 

 

具体的には、下記のようなケースがあります。

 

・妻の厚生年金記録が見つかった結果、厚生年金期間が20年以上となったために、夫の加給年金や妻の振替加算がさかのぼって取消となり、減額となる

 

300月みなしで障害厚生年金や遺族厚生年金を受給している場合、報酬の低い期間の記録が見つかったために、平均報酬月額が下がり、減額となる

 

・第4種被保険者期間がある老齢厚生年金の受給者が、報酬の低い期間の記録が見つかったために第4種被保険者期間が取り消しとなり、平均報酬月額が下がり、減額となる

 

 

ただし、年金額が下がる場合は、年金事務所において「年金額仮計算書」という用紙の、「年金記録の訂正は必要ありません。」にチェックを入れれば、見つかった記録は紐付けされず、今後もこれまで同様の年金額が支給されることになります。

 

 

協会けんぽの保険料率

協会けんぽの健康保険料率は、都道府県支部ごとに決められています。

 

協会けんぽ全体の保険料率(平成30年度は10.00%)が設定され、それが全体の平均となるように、各都道府県支部の保険料率が決定されます。

 

医療費の水準が高いと、保険料率も高くなる仕組みとなっています。

 

同時に、加入者の年齢構成や所得水準の違いが影響しないように調整がされます。

 

平成30年度は、最も保険料率が高い佐賀支部10.61%に対し、最も低いのは新潟支部9.63%で、その差は0.98%でした。

 

金額にすると、標準報酬月額が28万円の人で、1年間に支払う保険料に約33,000円の違いが生じます。

 

半分を事業主が負担しますので、個人の負担は約16,000円の差になります。

 

さらに平成30年度から、将来的な医療費の増加を抑制するため、「インセンティブ制度」が導入されました。

 

これは、健診受診率などの健康づくりや医療費の抑制(ジェネリック医薬品の使用割合)などの評価指標により各都道府県支部を評価し、上位半数となった支部の保険料率を引き下げるというものです。

 

成績の良い支部の保険料率が引き下げられることから「報奨金制度」とも呼ばれています。

 

 

年金受給選択申出書とは

年金の受け取りには「11年金の原則」があります。

 

例えば、障害基礎年金を受け取っている人が、65歳になり老齢基礎年金を受け取ることができるようになった場合、いずれか一方しか受け取ることができないため、どちらを受け取るのかを選択しなければなりません。

 

複数の年金を受け取る権利があって、そのうちのどの年金を受け取るのかを選択するときに提出するのが、「年金受給選択申出書」になります。

 

一般的には年金額の高い方の年金を受け取ることが多いですが、どちらの年金額の方が高いのか、自分では分からないこともあります。

 

そのときは、どの年金を受け取るのかを具体的に指定せずに、「年金額の高い方を選択する」に〇を付けて提出をします。

 

実際ほとんどの人が、「年金額の高い方を選択する」に〇を付けて提出しています。

 

提出を受けて、職員がシステムに入力することにより、システムが自動的に年金額の高い方の年金を選択してくれる仕組みとなっています。